NEWS/BLOGニュース・ブログ

ブログ

社員インタビュー#2| 聴く事は、相手と向き合うはじめの一歩

こんにちは。AIソリューション事業部の鈴木です。 

今回のブログは若手社員インタビュー第二弾です。

今回は、私の所属するAIソリューション事業部の新卒入社3年目の乾(いぬい)くんにインタビューをしてみたいと思います。 

<過去の連載記事>

社員インタビュー#1 | ラクをするために日々努力する

―現在の仕事内容を教えてください

現在はAIソリューション事業部のRPAコンサルティングGr.に所属しています。RPAとは定型業務の自動化の事で、ぼくはこのRPAをお客様のもとへ導入し、働きやすい環境を作るお手伝いをする仕事をしています。

具体的には、まず、お客様のもとへ伺いサービスの説明をしたり、課題解決の為の提案をしたりと、納得して導入を決断してもらうために、あれこれ考える業務があります。それからRPAの構築、つまりエンジニアのような動きもしています。お客様先で自動化したい業務のロボットを一緒に構築していくイメージです。

企業がRPAに寄せる期待も大きいですし、導入や構築支援を通してお客様がよりよい環境を作っていけるように貢献しよう!と、良い緊張感で仕事ができているかなと思います。 

この他にも細かい事務作業だったり、社内のイベントの運営を任されたり、大学で動画制作などの経験があるので動画作成の依頼がちょっとあったり、いろんな仕事をしています。なので、一日の動きや仕事内容は、日によって全然違って、あちこち訪問にまわる日もあれば、ゆっくりと社内で事務作業をする日もある感じですね。 

乾くんのある日のスケジュール

―仕事の中で大切にしていることはありますか??

大切にしている事は”しっかり聴く”事ですね。

ぼくはもともとRPA事業が始まる以前はコールセンターでSV業務にあたっていました。お客様と直接お話しする機会がとても多かったんですが、あまり電話対応が得意ではなかったので、最初の内はお客様との会話がちぐはぐになる事が多かったんです。お客様の話を聞く事をおざなりにしていたのかも、と振り返ると怖くなりますが。

次第にお客様とコミュニケーションが取れるようになり、感謝の言葉をいただく事も増えていくと、聴く事の重要性に気づいていったように思えます。今では、ぼくにとって聴く事は、相手と誠実に向き合う事のはじめの一歩ではないかなと思って、何よりも大切にしています。仕事する時は必ず関わる誰かがいるので、その相手の話や意見を聴いて、相手と向き合いながら仕事をする事をこれからも大切にしていきたいです。

―職場の雰囲気はどうですか

職場の雰囲気はとても好きです。所属するAIソリューション事業部は、例えるなら部活動の先輩後輩のような関係性で、誰にでも気さくに何でも相談できますし、冗談も言い合えるような少しだけ賑やかな雰囲気ですね。ただ、オンオフの切り替えはみんな上手で、仕事に取り掛かるとぱっと集中できる雰囲気もあるので、とても働きやすい環境だなと思います。

最近は他の部署の方も含めてランチ部というものを発足し、毎週金曜日にランチに行くことが楽しみです。まだまだ小規模ですが、ランチ部発足後からは金曜日に数名でおいしいものを食べることがモチベーションにもつながっています。先輩の知っているお店を教えてもらったり、新しいお店を開拓したりと会社周辺のお店はかなり詳しくなりました。一人で食べるのも嫌いではないですが、週に一度は数名で盛り上がりながら食事をするのは、リラックスできる大切な時間なのでずっと続けていきたいですね。

―オフの過ごし方(プライベート)はどんなことをされていますか。

休日はアクティブに動く事が多いですね!最近は特にキャンプや登山を中心としたアウトドアにハマっています。一昨年くらいからコツコツとキャンプギアをそろえて、今では月一回くらいのペースでキャンプしています。(笑)普段パソコンとにらめっこする時間が多いので、自然の中で一日を過ごすととてもリフレッシュできます。地元が静岡で、自然の中で育ってきたので、童心に帰るのかもしれないです。

それからよく洋服を見に買い物へ出かけます。洋服はすごく吟味して買うことが多いので、何軒も何度もお店を回ったりして財布と相談しながら、これだ!ってものを買っています。会社では社外の方と打合せがある日はスーツ、ない日は私服で過ごしていて、自分の好きな服を着て仕事をしたいなって思っているので、リサーチは欠かせません。(笑)

 

―どんな後輩がきたら嬉しいですか?

そうですね、まずはやる気がある方がきてくれたら嬉しいです!前のめりにやる気を出す必要はないですけど、仕事ときちんと向きあえるとか、なにかを考え続けられるとか、そういう姿勢を見せられる人ってやはり魅力的で尊敬できるような人だなって思えるので。

それから、変化を楽しめる人はうちでの仕事も楽しめるのかなと思うので是非歓迎したいです。

うちはコールセンターの運営を軸に発展してきましたが、今はちょうど事業の転換期を迎えており、2016年、2018年と「自動化」をテーマとして、AI事業とRPA事業を開始してきています。

AI事業ではぼくの同期が、そしてRPA事業ではぼくが担当となり、まさにこの転換期をこの身で体感してきました。当時の自分に起きた変化は凄まじく、今まで味わったことのないプレッシャーや不安も感じましたが、同じくらいわくわくした気持ちを持って業務にあたれたので、なんとか乗り越えられたのかなって思います(笑)

おそらく今後も社会のニーズに合わせて、コールセンター事業やAI・RPA事業の拡大、そして新たな事業への参入と様々な変化を迎えていくことになると思います。それを一緒に苦しみながらも楽しめる方がきてくれるとうれしいですね。

以上、入社3年目の乾くんへのインタビューでした。

乾くん、ありがとうございました。

次回も若手社員へのインタビューを実施していきたいと思います。是非ご期待ください!