NEWS/BLOGニュース・ブログ

ブログ

RPAは、企業にどのようなソリューションをもたらすことが出来るのか

こんにちは、RPA FUKUOKA LAB.の橋本です。

前回の記事 では、RPAの事例をご紹介いたしましたが、今回は、RPAを導入することで、企業にどのようなソリューションをもたらすか を考えてみます。

ずばり、メリットは?

  • 忠実に同じ作業を繰り返してくれる/作業ミスが減る・成果物の信頼度が高い
  • コピーが出来る/研修費用・期間が減る
  • 24時間稼働させることが出来る/従業員の残業が減る

現場にどのような変化が起きるのか?~実例紹介-コールセンター~

ロボがルーティン業務を担ってくれているおかげで、SV(スーパーバイザー)はオペレーターとの面談や、品質管理、研修内容の見直しなど、忙しくてなかなか手を付けられなかった業務に徐々に着手できるようになりました。
新たに着任したSVに対しても煩雑な事務作業をOJTする必要がなくなりました。 また、「~のような作業をロボ化できないか?」という意見が上がるようになりました。

数値的な面で見ると、前年比でオペレーターのKPI(受注率)が5%向上しました。

では、企業にどのようなソリューションがもたらされたのか

  • SVが品質・生産性の向上の取り組みに注力することが出来た
  • SVの業務改善に対する視点が変化した
  • オペレーターの業務習熟度が向上した

今回の例で見えた業務が自動化されることの最大の恩恵は、現場にゆとりが生まれ、より生産的な活動に注力することが出来るということでした。

この数年で、「AIやロボットが人間の仕事を奪う」という言葉をよく耳にするようになりましたが、AIやロボットの特性を学び上手に活用することが出来れば、人は、より人らしい活動に専念することが出来、アイデアに富んだ新しいビジネスに結びついていくことでしょう。

▼RPA導入にお困りなら

「RPAを導入したいが構築できる人がいない」「オペレーションが変更されたが改修できない」等のお悩みをお持ちの方、弊社でも導入サポートを行っているのでお問い合わせください

新しいはたらき方、RPAから。RPA FUKUOKA LAB.